右にあるのは、星のシャワー

夢ならば覚めないで

さよならだよ、ミスター


僕は思うのさ 人生ってやつは ときにせっかちで 冗談のきかないものだ

 

横山だいすけさん、顕嵐くんが魔女宅で共演しただいすけお兄さんの“デビューシングル”

 

「さよならだよ、ミスター」

 

 

私の好きな曲
あったかくてちょっとだけ涙が出そうな曲調


ねぇ みせておくれ とびっきりの笑顔を

すてきなまほうだ やさしくなれるからね

さよならだよ、ミスター
旅はもうはじまるのさ
きみはこれから「しあわせ」という途方もないものをさがす
でもそれはきっとそんなに悪い日々じゃない
こころはじゆうだよ ほら 顔をあげて

みんなちがうのさ わかりあえないけれど
でこぼこぶつけりゃ あんがい楽しいよ


ちょっとだけキンプリの話をしてもいいかな


私がジャニーズJr.を好きになったきっかけは廉くん

だから廉くんから離れちゃってからも勝手ながらいつか幸せになって欲しいなと心から思ってた

その「いつか」がまさかあんなに突然、真昼間にくるなんて思ってなかったよね

意外と呆気ないんだね実感湧かないや
なんだかその日はふわふわして眠れなくて次の日の新聞が出るくらいの時間になっていた


デビューは直談判だった

 

「僕が主犯です」と言い切った紫耀くん

君はなんでそんなに強いんだろう


こんなこと言ったらまた「強くなんかねぇよ俺だって弱えんだよ」って言われちゃうんだろうけど

 

 

やっぱり強いよ

 

紫耀くんが主犯ですって言ったら

誰もなにも言えないじゃんか
時期尚早って言ったのは?
いつか全部話してくれるよね

だってもういなくならないんだよ


紫耀くんの隣には当たり前みたいに廉くんがいて廉くんが優しい顔で笑う先には海ちゃんがいて 岩橋くんがほっぺを膨らませたらまあまあって宥める神宮寺くんがいて夏になったら短すぎる髪を、蕎麦の話ばかりする岸くんをあたたかく笑う5人がいる


Jr.もファンもみんながみんな喜べるお知らせじゃないってことはわかってた

でも、まずはおめでとうと思った

そしたら色んな人の顔が頭に次々と浮かんだ

 

同期がデビューしたとき悔しくて眠れなかったって言ってた顕嵐くん

帝劇のエレベーターの前で行ってこいって廉くんの背中を強く押した西畑くん


その次に悔しいって思った

私はらぶ担だから
Love-tuneにデビューして欲しいのはもちろんなんだけどなんとなくデビューするとしたら
まだらぶじゃないだろうなって思っちゃってた自分にも悔しかった

でも、もうライブで萩ちゃんと紫耀くんがわちゃわちゃするのも顕嵐くんと岸くんが踊ることも安井くんと岩橋くんのあざとい対決(私が勝手に思ってる)も見られないのかなってもう最後は終わってたんじゃないかって思って切なくなった


あと少しでハピアイも終わる

もう横並びで同じ舞台に立つことはないだろう

Mr.KINGもPrinceもきっと最後

でも

 Love-tuneは横アリ、城ホが決まっている
キンプリはデビューに向けての準備に入る

 

これからは別々の道を歩くのだ


こぼれおちる涙には
きみしか知らない理由があるのだろう
言わなくていい
でも振りかえるなよ 

その背中はもう美しい


きぼうは自分の手でみつけるんだ

悲しみは消えやしない

だからよろこびでくるんじゃうのさ
そしていつの日か そのやさしさを
愛する誰かに つなげておくれよ

さよならだよ、ミスター
ぼくはきみに出会えて
ちょっとだけ「しあわせ」について 

わかった気がするんだ
名前をつけるなら この気持ちを歌うのなら
いや やめておこう 泣いちゃうから

出会いと別れをくりかえして 

きみもやがて大人になるだろう
でも慣れてしまってはいけない 

すべてははじめてのものがたり
大丈夫だよ きみは歩き出せる 

風のむこうまで 風のむこうまで

さよならだよ、ミスター
旅はもうはじまるのさ
きみはしあわせになるために 

生まれてきたんだから
さびしさにふるえて 

風のなかでたちどまるな
おもいだしておくれよ 

ぼくはずっときみを 想っているよ


さよならだよ、ミスター

 

King&Princeデビューおめでとう!!!

 

言えて良かった

21歳になる君へ

 

この1年間私の双眼鏡にうつる君は
色んな表情をしていたね。

 

私が行った現場のなかで
想い出に残っている表情がふたつある。

ひとつめは帝国劇場で行われた
ジャニーズYOU&MEIsland。
歌いながら階段を降りてくる時に手を伸ばして顔を上に向けながら下唇を噛んで泣きそうな悔しそうなそんな表情をした。

ふたつめは埼玉スーパーアリーナで
行われたJr.祭り。
アンコールで外周を走っているのをやめて君は突然お立ち台に立った。そしてスポットライトをまるで太陽かのように気持ちよさそうに浴びながら両手を広げて目を閉じた。

 

表情がコロコロ変わる君を
見ているのはとても楽しかった。
どんな想いをしてステージに立っているかなんて私には分からない。
だから、精一杯背伸びして必死に双眼鏡を覗いた。一瞬でも見逃したくなくて。


ハタチの君は
ちょっとだけ悔しい思いをしたかな。
沢山嬉しい思いをしたかな。

 

ハタチの君は
いくつ夢を叶えたかな。

 

私はこの1年間
君を応援することができて
とても幸せでした。

 

アイドルは
「俺が背中を押すから頑張って」とか
「辛い時は一緒に頑張ろうね」とか
言ってくれる。
でも、君は違う。
俺も頑張るから
あなたも頑張れスタイル。(笑)

新年の雑誌の企画で年賀状に
「はぎとぅーんのようにふんばろう!
頑張れオレ!頑張れみんな!」
とメッセージを書いてくれた。

はぎとぅーんってなんだよー
かわいいなと思いながらも
勇気をもらった。

「踏ん張ろう」という言葉選びが
嬉しかった。

20歳の君が色々なところで
披露してくれた
「自分のために」
のソロパートでは
「目の前を遮る壁は...いいか、

お前ら自分の力で超えていけよー」と

目を開いて絶叫してた。

笑っちゃった、
そのあとちょっぴり泣いた。

そうなんだよね、
私がどんなに辛い状況でも
君は手を貸してくれない。
君が泣きそうな夜でも
私たちはそばにいられない。

だから、がんばるしかない。

私も頑張るから、
君も頑張れ。

 

踏ん張れ。

 

 

21歳、Jr.としては
決して若くない。
もしかしたら踏ん張りどきかもしれない。


6人も仲間がいるから
私が心配する必要なんて
ないんだろうけど。

どうかずっとステージに立ち続けて欲しい。アイドルが1番似合うんだよ。

キラキラ音を立てるように踊る君を、

目をギラギラさせながらドラムを叩く君を、

1秒でも長く見ていたいんだ。

わがままでごめんね。

 

 

 

今日は緑色の服を着ようかな。

 

 

萩谷慧悟くん、


お誕生日おめでとう。

はぎちゃん!!

ずっと、ずっと、だいすきだよ!

f:id:PIKANCHIDOUBLE:20171107000029j:image

Love-tune 萩谷慧悟

 

羽ばたくよ今ここで/Love-tune Live 2017

ずっと見たかった笑顔が
ずっと見たかった景色が
ずっと欲しかった居場所が


ここにはあった。

 

Love-tune Live 2017

ZeppDiverCity

 

安井くんが挨拶で「ジャニーズがZeppでやりました」と感慨深そうに、そして誇らしげに呟いた。その言葉の重みを痛いくらいに感じた。

 

「言葉が出てこない」と何度も言って嬉しそうな、でもちょっと泣きそうなフニャフニャの笑顔を見せてくれた。

そんな安井くんに対してはぎちゃんが「本当だよね、じゃあみんなでこの気持ち共有しよう!んーーって!」と目を瞑ってとっても可愛い幸せそうなお顔になった。

 

私、ライブ終わりはうるさいって言われるくらいマシンガントークするんだけど、今回は終わってから「あー良かった」「楽しかった」「幸せだ」しか言えなくて。全く記憶に残ってないのかな、なんて心配もしたけど、多分私も言葉が出てこなかったんだなと今になって思う。

 

始まる前も始まってからもMC中もずっとソワソワしてドキドキしてた。

それがらぶにはバレバレで(笑)。
「俺らも緊張してるけどみんなもちょっと緊張してるでしょ?」と言われてしまった。ソワソワしてるけどらぶもファンも幸せが溢れ出ちゃってるこの空間が堪らなく大好きだった。
グッズを買うために会場の中の階段に並んでいるとき、買った人が階段を登ってくる顔がよく見えた。それはもう本当にみんな幸せそうで...。美勇人くんがデザインしたTシャツを大事そうに抱えながら笑みがこぼれていた。あの顔をメンバーにも見せたかったな。

 

会場の隅々までLove-tuneの愛で溢れていた。名前の通りたくさんの人から愛されているのが伝わってきた。今日までの間にどれだけの大人が協力してくれたんだろう。どれだけの人が動いてくれたんだろう。

 

「僕たちLove-tuneから初めてのラブソングです」と挨拶があってから始まった新曲「This is Lovesong」。「CALL」「烈火」とかっこいい曲が続いたあとにこれはズルいよ、泣いちゃうよ。


「増えてゆく思い出忘れないように
半分は君が持ってて」

 

これから、らぶが見せてくれる景色が増えて沢山の素敵な思い出が出来るんだろうな...。うん、半分持ってるから沢山の思い出を作っていこうね。両手でも持てないくらい沢山の思い出を、ね。Zeppのことも絶対忘れないよ。

 

あっという間に3日間が終わった。

いや、お知らせを聞いてからあっという間だった。次の日の朝、夢だったのかな...と思った。でも背伸びして見ていたからちょっとだけ足が筋肉痛になってた。夢じゃなかったみたい。ずっと夢だったことだけど、夢じゃなかった。なんだか、ややこしいや、、(笑)

 

私、正直Zeppで銀テープ飛んで、オーラスはみんなボロッボロに泣いちゃうかなって思ってたの。

でも、銀テは飛ばなかったし、ボロッボロには泣かなかった。

萩ちゃんが「改善点も見つかったし」「次もやろうね」と言ったみたいね。そっか、らぶにとってここがゴールなんかじゃないと気付かされた。


Love-tuneはもうとっくに
次を、未来を、見ていた。

 

萩ちゃんが「目の前を遮る壁は自分の!力で!超えてゆけええーー!」と笑っちゃうくらい力強く、かっこよく、叫んでくれた。

モロがファンの全力の「どうもこうもないよ」にとびっきりの笑顔を見せてくれた。

安井くんが「生まれた意味は...ここにある!!」と歌ってくれた。

美勇人くんが「みんなに好きって伝えられる曲ができて良かった」と照れながら言ってくれた。

れおが愛おしい全力の「大好きだよビーーム」をくれた。

顕嵐くんが「みんなの事を新しい場所に連れてこれたんで、これからもまた新しい場所に僕達が連れていきます」と頼もしい約束をしてくれた。

さなぴーがファンのことを「誇りです」と先輩に自慢してくれた。

 

 

Love-tuneを好きになれて良かった。

 

心の底からそう思えるライブだった。

 

ここはゴールじゃない、通過点。

 

10年後またここで会おうよ

そんときは今より

ずっと笑っていよう _____。

 

 

 

 

君1人欠けても叶わないから

 

 

「いつまで待てばいいんだよ

 

  あいつはもう変わんねえよ」

 

1年前に同じ劇場で観た舞台で、双眼鏡のなかに見える彼が言葉を発することはなかった。

今年はこれが萩谷くんの最初のセリフだった。

 

 

ジャニーズYOU&MEアイランドお疲れ様でした。私は9/22の夜公演を観劇させてもらった。ちょっと時間が経ってしまったけど思い出しながら感想を書いてみようと思う。

 

スネアドラムの場面。萩谷くんは安井くんの隣で堂々とスネアを叩いていた。私は2階席だったからわからなかったけど、皆さんのレポを読んでいると萩谷くんの音が大きく聞こえた、萩谷くんがスネアを引っ張ってる、と書いてあって私まで嬉しくなった。雑誌で安井くんが

「(略)今回は萩ちゃんが家で練習できるように動画を撮ってくれたの。ゆっくり叩くバージョンと、速く叩くバージョン。それを見ながら自主練したよ。

と言ってたように萩谷くん頑張ったんだろうな、メンバーが忙しいぶん自分が頑張るぞって気合い入れたんだろうな。ドラムやってるからこそ、負けたくないだろうし、自分ができることで周りが困っていたら少しでも力になろうとしているところが垣間見えて改めて好きだなー思った。不器用だけど伝わる萩谷くんの優しさ。

 

もろれおのアクロ組は笑顔で難しい技をこなしていて見ていて気持ちが良かった。もろがながつをぐるんと回すところ(伝われ)では、終わった後もろがながつの背中をやったな!ってポンポンするんだよ〜〜。泣ける。体力的にもきついはずなのにずーっと笑顔で、かっこよかった。

 

ヒンデンブルク号のシーン。真田くんが「わがドイツは世界1ー!!」と自信満々に言うが、墜落してしまう。自分の信じていたものに目の前で裏切られ、絶望して自決する。「わがドイツはーーーパァンッ!!」の後、劇場に訪れた静寂。鳥肌がたった。劇場の空気がしまった。記者の萩谷くんは興奮する演技をしながらも、聞き取りやすい声、早さだった。雑誌に学校で滑舌の勉強をしたって書いてあった。学んだことがきちんと身についているし、学校の内容を直接お仕事に活かせるのは楽しいだろうなー。

 

『烈火』では青組と赤組にわかれて殺陣を披露。萩谷くんを双眼鏡で追ってたけど、美勇人くんに斬られるところではちょっと震えながら斬られていて細かい演技までこだわっていた。らぶの殺陣カッコ良すぎた...。一人ひとりゆっくり見たかったなー。『烈火』は「誤魔化してビビってんじゃねぇ」「悔しいのに笑ってんじゃねぇ」とか、うっ....と来るような歌詞ばかり。らぶらしいと言えばらぶらしいのかな。とっても良かった。でもここで披露したのは2番だそうで、フルで聴けるのが楽しみだな。

 

 

まともじゃないところ。噂には聞いていたけど本当にまともじゃなかった。安井くんの「バンドだけじゃない、ダンスだけじゃない!!!」のセリフが1番印象に残ってる。語尾いくにつれ力が入って大きくなっていた。「まともか?」と萩谷くんが聞く。誰もまともじゃなかった。このグループ何かやってくれるな感が凄かった。ひと言でいうと、怖かった。いい意味の恐怖。圧倒された。私が応援してるグループはどうやらまともじゃないらしい。今のJr.のなかでまともでなんかいられねぇよ!まともでいたらやっていけねぇんだよ!という叫びにも聞こえた。この場面だけでも、もう一回観たい。

 

ラストは全員で白い衣装を着て階段を降りてくる。それを観るとあーやっぱり私はジャニーズの舞台が好きなんだと思った。princeの描いた未来〜たどり着くまで〜の演出も素敵だったし、夢ハリの舞台感も大好き。こんぴーや作間くん、本高くんも気づいたら追ってた。うきなすも見たかったな...。帝劇を出て、ジャニーズの舞台はいいな〜と思ったし、ジャニーさん長生きしてねと願ってしまった。

 

そして、ここからは萩谷くんの話。

前楽、Twitterに萩谷不在の文字が。

最初はなんで?お仕事かな?わーい!って軽い気持ちだったんだけど、段々心配になってきて...。私が萩谷担を名乗ってからは幸いなことに自担不在という経験はなかった。レポを見る限りでは体調を崩したのかな...と。でも、出られるところは出て、千秋楽もなんとか出られたみたい。良かった。

いることが当たり前だと思っていた自分に気づいた。こんな時に気づくなんて情けないけど、自分が思ってたより心配で不安で泣きそうになった。大丈夫だよね?今だけだよね?なんて不安にかられてしまった。

でも、嬉しかったのはLove-tuneのメンバーが、“いなかったこと”にしないでくれたこと。私が実際に見た訳じゃないからわからないけど、萩谷くんのソロパートを歌わなかったり、ここにいるよって示してくれたり。また、のえるくんやながつたちが代わりにセリフを言ってくれたのも臨機応変に対応できるのは流石だな〜ありがたいな〜と思った。「ヒリヒリして」なんてひと言のパート。誰かが代わりに歌うことは容易に出来たはずなのに、誰も歌わなかった。不完全になっちゃうけれど、その気持ちが暖かくて嬉しかった。ドラムセットがあっても誰も叩かない、いや叩けない。萩谷くんにしか出来ないから。そこには萩谷くんしか座れないんだよ!いつだったか「そこに僕の姿がなくても世界は簡単に回った」なんて歌ってたね。でもね、今回ばかりは簡単には回らなかったよ。体調不良で不在はもちろんあってはならないことだし、プロ意識が足りないって思われても仕方がない。でも、ジャニーズJr.はあんなに沢山いるのに萩谷くんにしか出来ないことがあって嬉しかった。存在意義というか、代わりはいないんだと思えた。体が弱ると心も弱るからいつもは考えないようなこともきっと考えたよね。私は元気な萩谷くんが好き。正直キントレもユメアイもニッコニコ笑ってる萩谷くんをあまり見てないから寂しい気持ちになってたんだ。他の仕事してるメンバーのぶんまで...と気負いすぎてしまって、糸がぷつんと切れちゃったのかなー。実際、雑誌でながつが萩谷くんに対して

「全部に『やらねばならない!』ってがんばりすぎてるように見えるんだよね」

と言っていた。ながつは本当にメンバーをよく見てるな〜。個人の感じ方だから分からないけど、なんとなく、ね笑。

zeppで思いっきり笑ってね。

 

そして、今日はドラムの日らしい。「らぶはバンドかダンスか」なんて話題もあったけど、私は両方だと思う。バンドもダンスも武器。そこに歌や演技も加わるだろうし、それでこそlove-tuneでしょ?と思う。でも、バンドの方が好き、ダンスしてほしい、って人がいてもいいと思う。人それぞれ。バンドのせいだし、バンドのおかげ。ドラムのせいだけど、ドラムのおかげ。だから嫌いになんてなれないよ。二兎を追うものは二兎とも得るなんて序の口で、らぶなら十兎だって百兎だって得るよ。追うから、得られるものであって、らぶにはずっと追い続けてほしいなと思う。

 

 

そういえば舞台の中でWゆうたが歌っていたAll I Need がとても良くて歌詞を調べた。素敵すぎてちょっと泣いた。

 

 ALL I Need 

もしも奇跡起こせるなら

もっと高く飛んで空から

愛ばらまくよ

そうさALL I Need

君1人欠けても叶わないから

今ひとつになろう

I Need You

奇跡の星のために

 

さあ!zeppまで1週間!

テーマは「覚悟と気合」

未来を見せて下さい。

 

とある萩谷担のひとりごと

9/10、日曜日のよく晴れた朝。

 

いつもはまいジャニのために9時半ギリギリに

起きるのに何かに導かれるように

6時ごろ目が覚めてしまった。

Twitterをみたら嬉しいお知らせが!!

阿部顕嵐くん、長妻怜央くん、

舞台「何者」決定、

おめでとうございます!

 

「何者」の本も映画も大好き人間としてはとっても楽しみ。

顕嵐くんの演じる二宮拓人はどんな感じだろう?

長妻くんは髪を染めるのだろうか?

2人で雑誌の表紙とかあるのかな?

番宣でバラエティー沢山出るよね?

 VS嵐でたりする?

 

考えるだけで幸せだ。

同じグループからというのが

とっても嬉しい。同期の2人。

長妻くんのコメントのなかに

「同じグループの阿部顕嵐とはライバルの気持ちでお互いを高め合っていきたいです。」

という言葉があった。

いつもはアランとかアレンとか呼んでいるのに

外部のコメントのときは阿部顕嵐

フルネームを出す長妻くんしっかりしてる、好き。

「爪痕残す」って言ってたね。

Love-tuneの素敵な合言葉。

顕嵐担、長妻担のみなさんが

喜んでいるのを見て

私もとっても嬉しくなった。

頼もしい年少組だね。

場所は天王洲銀河劇場ということで

個人的に超たのしみ!!

大原櫻子ちゃん主演の

「リトルヴォイス」をやっていた場所で

その役をイメージしたお酒があることを

インスタで知ってからずっと

行きたかった場所!

当たりますように....

 

らんれおちゃんは20歳と19歳か〜。

この年齢で経験できるのほんとすごいよなー。楽しみだ!

 

 

 

嬉しい....本当に嬉しい....

嬉しい反面、ちゃんと悔しかった。

ちゃんと悔しい自分がいた。

嬉しいのに悔しい。

悔しいのに嬉しい。

ずるいじゃなくて羨ましい。

顕嵐くんに映画が決まった時も

安井くんにラジオが決まった時も

おんなじ感情が私の中を支配した。

 

萩谷くんにも個人仕事が欲しい。

 

ずっと、萩谷くんのペースで大丈夫、

大学生だからね、外部舞台やってたし、

比べちゃダメだと、自分に言い聞かせていた。

でも、私が萩谷くんを好きになった頃には

舞台もマチカフェのCMも終わってた。

 

今月のWUで

今までは美勇人の方が大変なんだから俺は弱音吐かない!って思ってたの。

って言ってた。

メンバーのことを思っての、気持ち。

萩谷くんらしいな〜と思う一方で

でも、これって萩谷くん自身が無意識に

比べちゃってるってことだよな...。

とちょっぴり切なくなった。

リハに出られないメンバーの立ち位置とか

ダンスとか覚えておくもんね、萩谷くん。

スタッフがいないときは代わりに音楽のことを

任せられるって言われたもんね。

Love-tuneのなかで柱となってる萩谷くん。

 

でも、欲を言うと朝起きてニュース見て

おめでとう!良かったね!絶対行く!

って喜びたい。

Twitterみて月刊ダイバー決まった!

いっぱい買う!って喜びたい。

毎月たくさんの雑誌に載せてもらってること。

毎回少クラに出ていること。

マイクを持っていること。

グループを組んでいること。

これが当たり前になっていることは

嬉しいこと、すごいこと、有難いこと

のはずなのに、もっともっと!って

欲が出てしまう。

 

Love-tuneの情報局動画で皆んなが

個人仕事の宣伝をしたあとに、

ぼそっと「皆んな結構仕事してんだね」

って言った。

どうしてもそれが気になってしまって。

それを思い出すたびに胸がきゅーーんっとなる。

 

初めて自分の要望をハガキで送った。

こんなことしてもどうせ変わんないよ

って今までは思ってた。

でも、やらなきゃ変わんない。

 

私がどうしてこんなにも月刊ダイバーにこだわるのか。

ファンが出て欲しいって言っていた

からじゃない。

萩谷くんが出たいって言ってたから。

埼玉のJr.祭りのとき、生で聞いた。

それからずっと言ってるから。

本人がやりたいって言ったことを

私も応援したい。

ただそれだけだ。

 

最近他のメンバーが萩谷くんと

同じグループで良かったなって思うんだ。

自担のいないグループだったら、Love-tune怖すぎる。

魅力的すぎて怖い。敵にしたら怖い。

こんなにいい仕事が決まって、凄すぎて怖い、、。

いつか、萩谷くんもそう言われたいな。

 

こんな気持ちになってから

私、萩谷担なんだーと実感した。

どちらかと言うとグループまるっと好きなタイプだったから。

自分でびっくりした。

もちろん、Love-tuneみんな好き。

だから、お仕事が決まると嬉しいし、

絶対いきたいと思う。

でも、自担である以上、萩谷くんにも

お仕事欲しいし、売れて欲しい。

 

ずっとずっと応援するからね。

 大丈夫、大好き!

 

まぁ、私は結局萩ちゃん顔がいい!!!

って言ってるだけで最高に楽しいし、

もうすでに自慢の自担なんですけどね!!

 

 

戸塚くんの曲「ドラマ」が好きで、

好きな部分の歌詞を載せておきます。

萩谷くんへ

 

「どうせ僕なんてまあ」

もう言えない 星の
眩さが照らすから

空に向け
放してく 放してく
集めた瞬きを
散らしてく 散らしてく
知ってた 方角へ
純粋なブルーが
まっすぐに君へ
届いたら
届いたら

 

 

 

明日になれば全てが嘘だとしても

 

 

キントレの感想も

雑誌の感想も

萩ちゃんのことも

ブログに沢山書きたい、と思った。

 

でも、その前にどうしても自分の気持ち

を整理して残しておきたい。

だから、このブログは自己満足。 

.

.

この夏、誰よりも踊って歌って

アイドルをしてる人がいた。

一瞬のうちにジャケットを着替えて 

ピンクのアイドルからオレンジのアイド

ルになった。でも、また戻ったりした。

客席では白色と黄色のペンライトが不確

かに揺れていた。

時には、もういいよ、十分だよと、

こちらが思ってしまうくらい 

いつも全力だった。

でも、彼は誰よりも楽しそうな顔をして

いた。誰よりも笑ってた。

 

六本木の地下通路を通っている時

後ろから話し声が聞こえた。

「またこうやってなにもなかったみたい

に明日が来るんだよ。なにもなかったこ

とにされちゃうんだろうね。」

 

きっと彼のことだろう。

何もなかったことにされて

しまうかもしれない。

でも、何もなくない、

あったんだよ確かに。

そこに彼はいた。

それだけはずっと変わらない事実だ。

 

美しくて勇ましい人。

 

【美しい/愛しい】

1 色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度の好ましく理想的であるさまにもいう。

3 りっぱである。見事だ。

 

【勇ましい】

1意気が盛んで勢いがあり、恐れずに危険や困難に向かっていくさま。勇敢なさま。

 

彼の名は森田美勇人くん。

美勇人くん、名前の通りだね。

ずっとずっと綺麗で立派で勇敢だった。

 

私が美勇人くんのことを書く資格なんて

ないってずっと思ってた。

でも、

信じてもらえないかもしれないけど

批難されるかもしれないけど

私、Travis Japan 大好きなんだよ。

だからもちろんトラジャにいる美勇人

くんも大好きだ、った。

 

うみんちゅがマイクなしで美勇人くんの

耳元に「ありがとー!!!」って言った

こと。

単独オーラスでちゃかちゃんが

泣いたこと。

美勇人くんのお風呂がだるいって

みんなに言われても嬉しそうに

笑ってること。

 

この夏、美勇人くんの周りにある

たくさんの愛に触れました。

それは、とっても暖かいものでした。

掛け持ちをするということは

仕事量も2倍になる。

覚えることも2倍になる。

でも、仲間も2倍になる。

美勇人くんを囲む愛は2倍じゃない。

3倍、4倍、きっとそれ以上。

 

 

 

明日になれば全てが嘘で、

笑いあってるかもしれないけど。

 

私は、美勇人くんの選んだ道を

応援することしかできないし、

美勇人くんの進む方向へ

ついていきたいと思ってる。

だって

いつか、君が歌ってたじゃん。

 

 

 f:id:PIKANCHIDOUBLE:20170904070412j:image

Let lt Go Now !

君の未来だ

 

楽しみだよ、美勇人くんの未来!!

 

 

 

 

 

 

 

 

空を飛べる君だから

 

ミュージカル『魔女の宅急便』を

観に行ってから1ヶ月が経ちました。

(6/3 夜公演)

 

 

暖かくて可愛くて胸がきゅーんとなるお話とカンパニー。
言葉にしちゃうとこの気持ちが消えちゃう気がして、このまま胸にとどめて置こうかなーと思ったり。


でも、人は忘れる生きものだから、

今更だけど、少しでも思い出せるように残すことにしました。

 

まず、入ってびっくり。
客層がちょっと違う。でもそれは舞台慣れしてる人からしたら、もっとそうだろうなと思った。
ちっちゃい子どもやスーツを着たおじさん、制服を着た男子高校生におしゃれなマダム。ジャニーズのコンサート会場ではあまり見ない人たち。幕間には名刺交換していたり、「お久しぶりです」なんて声が飛び交っていて頭を下げている人も。近くを通った方が「いつもと違って女の子ばっかりね〜顕嵐くんのファンかしら」って言ってる声が聞こえた。こういう方たちに観ていただけるのは嬉しいなと思う反面、大丈夫だろうかと何故か私まで緊張してしまいました。

 

でも、そんな心配いらなかったみたい。


そこにいたのは顕嵐くんではなく

トンボだった。
顕嵐くんにしかできないトンボだった。


動きがずっと可愛くて手がペンギンみたいになってて、こんなに可愛い顕嵐くん見たことないって思った。

あんなに可愛く「お仕事頑張って」って言われたら頑張るしかないよね、、笑

歌声もいつもの声じゃない。私は歌のことは詳しくわからないけど、努力というひと言じゃ片付けられないほど練習したんだろうなーと。
でも、ダンスシーンのステップやターン、癖のある肩の動き。時々見える顕嵐くんにドキッとしたり。
0番で堂々とダンスする姿は華やかで煌びやかで格好良かった。

本当に最後のさいご。
カテコでひとり前に歩いてくるとき、メガネをクイって下げた。
その時にやっと、「あ〜顕嵐くんだ!」と思った。いや、正確には「顕嵐くんだったんだ!」かな。

 

そして、
全ての台詞が良かった。切なくてエモーショナル。「トンボにも魔法はあったんだね」ってキキに言われたトンボが目をキラキラさせながら「ほんとぉ?」って言うところがすごく可愛かった。

キキが「私、まだ本当の魔法を探してるの」って言ったあと、トンボが小さな声で「でも、キキはもう飛べるじゃん」って拗ねたように下を向いて呟く台詞。

 

ちょっとだけアイドルの顕嵐くんを重ねてしまったんだ。

願っていなかったのに叶えていった人を、きっと顕嵐くんはたくさん見ている。願っていたのに叶わなかった人のことも。

 

ずっと空を飛ぶことだけを
夢みてきたトンボ。

生まれた時から飛べることが
決まっていたキキ。

 

みんなと仲良くて愛されているトンボ。

魔女じゃなければみんなと仲良く
できるかもしれないのにと悩むキキ。


才能と努力。
お互いを羨む気持ち。

トンボは「生まれた時から飛べるなんて、飛んだ時の感動が薄そうだな」と
皮肉を言っちゃう。

でも、いつしか
トンボの夢は空を飛ぶことではなく、「キキと」空を飛ぶことに変わっていく。

顕嵐くんの夢がメンバーの、ファンの夢になる。なーんて、重ねてみちゃうのはオタクの悪いクセかな。


キキの心のバランスが崩れて体調が悪くなって空を飛べなくなってしまう場面。
でも、町長がどうしても飛んで欲しいとお願いしにくる。
このとき町長からキキを守るような動きがとても良かった。

そして、1番泣けたシーン。
「僕が、やります」
「キキのことは...悪く言わないでください」この日1番大きな声だった。
思わず、息を飲んでしまった。

直視できないほど、想いが伝わってきて、痛いくらいに溢れてた。

私の席は近いわけじゃなかったけど、

気づいたら双眼鏡を一切使ってなかった。

顕嵐くんの想いを、

カンパニーの想いを、

直で受け取ったから。

魔法のおすそ分けをもらっちゃって、

私、今こんなに感動してるよ!って

表情で伝えたくて、、

(あっちからは見えていないんだろうけどね笑)

 

 

 

観客は圧倒的にジャニーズファンが
多かった。
それでも、顕嵐くんはアウェーだった。

周りの演者たちの技量が凄すぎて。
感想をみても厳しい意見が沢山ある。悔しいけど、貴重な意見。

最後のキキとトンボのハモリのある歌はとっても綺麗で。
正直、決まった時はなんで顕嵐くんがトンボ?!って思った。

でも、終わってから分かったよ。

今回のミュージカルのトンボって大人と子どもの狭間にいて、可愛くて格好良くて、弱そうで強くて、、
なんだ、顕嵐くんじゃん。

東京公演から大阪公演の間で大人(20歳)になる顕嵐くん。
トンボはまさに今の“阿部顕嵐だった。

大阪公演も観に行きたいな....

 

 

 それと、岸くんたちが観に来てくれたみたいだね。あの5人の関係性はずっと変わらないでいてほしいな。岸くんが雑誌で「正直メチャクチャうらやましかったです」って言ってくれたね。
あの夏、ずっと一緒に切磋琢磨してきた岸くんが、大きな舞台も経験している岸くんが、「羨ましい」って。嬉しいね。

Love-tuneのみなさんは観に行ったのかな??観に行ったら是非感想が聞きたいな!

 

顕嵐くんのおかげで素敵なミュージカルに出会うことができました。
ありがとう。

 

 

 

ねぇねぇ顕嵐くん、あのね...