右にあるのは、星のシャワー

夢ならば覚めないで

1番前を走るということ

 

 

マラソン大会

1位で走っていると

後ろが見えなくて

道も分からなくて

自分は道を間違えて

周りのみんなは

もうゴールしちゃっている

かもしれなくて

不安になって

ちょっとでもスピードを

落としたら

すぐ抜かされて

もうきっと追いつかない

 

 

自転車で上り坂を

漕いでると

後ろに列ができちゃって

辛いけど

一生懸命漕いでるけど

後ろの人たちに

もっと早く漕げって

言われているような気がして

焦って焦って

もう1番後ろから

ついて行くほうが

楽なんじゃないかって

思ったりして

 

1番前を、トップを、

走るのはきっと

ずっと息が切れているような

そんな感覚で

後ろを振り返ることすら

許されない

 

でも

「ちょっと疲れたから

先頭代わってや」って

言える人が

2人でも5人でも

いればいいな

と思うんだ

 

平野紫耀くん映画主演

おめでとう、