右にあるのは、星のシャワー

夢ならば覚めないで

羽ばたくよ今ここで/Love-tune Live 2017

ずっと見たかった笑顔が
ずっと見たかった景色が
ずっと欲しかった居場所が


ここにはあった。

 

Love-tune Live 2017

ZeppDiverCity

 

安井くんが挨拶で「ジャニーズがZeppでやりました」と感慨深そうに、そして誇らしげに呟いた。その言葉の重みを痛いくらいに感じた。

 

「言葉が出てこない」と何度も言って嬉しそうな、でもちょっと泣きそうなフニャフニャの笑顔を見せてくれた。

そんな安井くんに対してはぎちゃんが「本当だよね、じゃあみんなでこの気持ち共有しよう!んーーって!」と目を瞑ってとっても可愛い幸せそうなお顔になった。

 

私、ライブ終わりはうるさいって言われるくらいマシンガントークするんだけど、今回は終わってから「あー良かった」「楽しかった」「幸せだ」しか言えなくて。全く記憶に残ってないのかな、なんて心配もしたけど、多分私も言葉が出てこなかったんだなと今になって思う。

 

始まる前も始まってからもMC中もずっとソワソワしてドキドキしてた。

それがらぶにはバレバレで(笑)。
「俺らも緊張してるけどみんなもちょっと緊張してるでしょ?」と言われてしまった。ソワソワしてるけどらぶもファンも幸せが溢れ出ちゃってるこの空間が堪らなく大好きだった。
グッズを買うために会場の中の階段に並んでいるとき、買った人が階段を登ってくる顔がよく見えた。それはもう本当にみんな幸せそうで...。美勇人くんがデザインしたTシャツを大事そうに抱えながら笑みがこぼれていた。あの顔をメンバーにも見せたかったな。

 

会場の隅々までLove-tuneの愛で溢れていた。名前の通りたくさんの人から愛されているのが伝わってきた。今日までの間にどれだけの大人が協力してくれたんだろう。どれだけの人が動いてくれたんだろう。

 

「僕たちLove-tuneから初めてのラブソングです」と挨拶があってから始まった新曲「This is Lovesong」。「CALL」「烈火」とかっこいい曲が続いたあとにこれはズルいよ、泣いちゃうよ。


「増えてゆく思い出忘れないように
半分は君が持ってて」

 

これから、らぶが見せてくれる景色が増えて沢山の素敵な思い出が出来るんだろうな...。うん、半分持ってるから沢山の思い出を作っていこうね。両手でも持てないくらい沢山の思い出を、ね。Zeppのことも絶対忘れないよ。

 

あっという間に3日間が終わった。

いや、お知らせを聞いてからあっという間だった。次の日の朝、夢だったのかな...と思った。でも背伸びして見ていたからちょっとだけ足が筋肉痛になってた。夢じゃなかったみたい。ずっと夢だったことだけど、夢じゃなかった。なんだか、ややこしいや、、(笑)

 

私、正直Zeppで銀テープ飛んで、オーラスはみんなボロッボロに泣いちゃうかなって思ってたの。

でも、銀テは飛ばなかったし、ボロッボロには泣かなかった。

萩ちゃんが「改善点も見つかったし」「次もやろうね」と言ったみたいね。そっか、らぶにとってここがゴールなんかじゃないと気付かされた。


Love-tuneはもうとっくに
次を、未来を、見ていた。

 

萩ちゃんが「目の前を遮る壁は自分の!力で!超えてゆけええーー!」と笑っちゃうくらい力強く、かっこよく、叫んでくれた。

モロがファンの全力の「どうもこうもないよ」にとびっきりの笑顔を見せてくれた。

安井くんが「生まれた意味は...ここにある!!」と歌ってくれた。

美勇人くんが「みんなに好きって伝えられる曲ができて良かった」と照れながら言ってくれた。

れおが愛おしい全力の「大好きだよビーーム」をくれた。

顕嵐くんが「みんなの事を新しい場所に連れてこれたんで、これからもまた新しい場所に僕達が連れていきます」と頼もしい約束をしてくれた。

さなぴーがファンのことを「誇りです」と先輩に自慢してくれた。

 

 

Love-tuneを好きになれて良かった。

 

心の底からそう思えるライブだった。

 

ここはゴールじゃない、通過点。

 

10年後またここで会おうよ

そんときは今より

ずっと笑っていよう _____。