右にあるのは、星のシャワー

夢ならば覚めないで

21歳になる君へ

 

この1年間私の双眼鏡にうつる君は
色んな表情をしていたね。

 

私が行った現場のなかで
想い出に残っている表情がふたつある。

ひとつめは帝国劇場で行われた
ジャニーズYOU&MEIsland。
歌いながら階段を降りてくる時に手を伸ばして顔を上に向けながら下唇を噛んで泣きそうな悔しそうなそんな表情をした。

ふたつめは埼玉スーパーアリーナで
行われたJr.祭り。
アンコールで外周を走っているのをやめて君は突然お立ち台に立った。そしてスポットライトをまるで太陽かのように気持ちよさそうに浴びながら両手を広げて目を閉じた。

 

表情がコロコロ変わる君を
見ているのはとても楽しかった。
どんな想いをしてステージに立っているかなんて私には分からない。
だから、精一杯背伸びして必死に双眼鏡を覗いた。一瞬でも見逃したくなくて。


ハタチの君は
ちょっとだけ悔しい思いをしたかな。
沢山嬉しい思いをしたかな。

 

ハタチの君は
いくつ夢を叶えたかな。

 

私はこの1年間
君を応援することができて
とても幸せでした。

 

アイドルは
「俺が背中を押すから頑張って」とか
「辛い時は一緒に頑張ろうね」とか
言ってくれる。
でも、君は違う。
俺も頑張るから
あなたも頑張れスタイル。(笑)

新年の雑誌の企画で年賀状に
「はぎとぅーんのようにふんばろう!
頑張れオレ!頑張れみんな!」
とメッセージを書いてくれた。

はぎとぅーんってなんだよー
かわいいなと思いながらも
勇気をもらった。

「踏ん張ろう」という言葉選びが
嬉しかった。

20歳の君が色々なところで
披露してくれた
「自分のために」
のソロパートでは
「目の前を遮る壁は...いいか、

お前ら自分の力で超えていけよー」と

目を開いて絶叫してた。

笑っちゃった、
そのあとちょっぴり泣いた。

そうなんだよね、
私がどんなに辛い状況でも
君は手を貸してくれない。
君が泣きそうな夜でも
私たちはそばにいられない。

だから、がんばるしかない。

私も頑張るから、
君も頑張れ。

 

踏ん張れ。

 

 

21歳、Jr.としては
決して若くない。
もしかしたら踏ん張りどきかもしれない。


6人も仲間がいるから
私が心配する必要なんて
ないんだろうけど。

どうかずっとステージに立ち続けて欲しい。アイドルが1番似合うんだよ。

キラキラ音を立てるように踊る君を、

目をギラギラさせながらドラムを叩く君を、

1秒でも長く見ていたいんだ。

わがままでごめんね。

 

 

 

今日は緑色の服を着ようかな。

 

 

萩谷慧悟くん、


お誕生日おめでとう。

はぎちゃん!!

ずっと、ずっと、だいすきだよ!

f:id:PIKANCHIDOUBLE:20171107000029j:image

Love-tune 萩谷慧悟